読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痛チャリ放浪記

痛いチャリの作製記や放浪記など

SEGA feat. HATSUNE MIKU Project 5th Anniversary Party in JOYPOLIS

SEGA feat. HATSUNE MIKU Project 5th Anniversary Party in JOYPOLIS

期間:6月23日~7月27日

会場:東京ジョイポリス

 

東京ジョイポリスでミニライブがあると聞いて行ってきました。

7月6日と7月26日に、最終日の27日に行きたかったのですが、27日は用事があり断念…なので、前日の26日に

最終日のシークレット後にサプライズがあったそうで…残念観たかった…

 

26日

最終日の27日は来客やその他用事があって無理なので、この日行くことを決意

ついでに近くでなにかイベントはないかと調べていると、湾岸サイクルフェスなるものがやっているそうなので、それも見に行こうと自転車に乗り台場へ

ミニライブは16:00、台場に着いたのは14:00

時間はあるので、湾岸サイクルフェスタの会場へ

 会場では、痛チャリグランプリなるものがやっており、数台の痛チャリが展示されてました。

f:id:NoumiA44:20141011162822j:plain

しかし、ロードばかりですね…うーん…クロスはなかなかいないですね…

しばらく会場をウロウロしてから、ジョイポリス

会場から2・3分で着き、入場料を払って、入場

f:id:NoumiA44:20141011163138j:plain

入場しステージに行くとちょうどミクダヨーさんが登場

f:id:NoumiA44:20141011162850j:plainf:id:NoumiA44:20141011162905j:plain

ミクダヨーさんが退場すると同時にそそくさとステージのど真ん中へ

今日はミクさんを目の前でじっくりと観たかったので、サイリウムを持ってきていませんが、ど真ん中へ

しばらく待っていると、スタッフの方が出てきて、イベントの説明。その後16:00の回がスタート

16:00初音ミク ミニライブ DAIBA de DIVA』

1.Weekender Girl

2.ODDS&ENDS

3.タイムマシン

やっぱ、ミクさん天使だわ

次のライブまで時間がありますが、2時間ぐらいなので、3rd Floorのマルチステージ周辺である「SEGA feat. HATSUNE MIKU Project」の特別展示を観てました。アトラクションに乗っても良かったのですが男一人が遊んでるのはなんか寂しいじゃないですか…

f:id:NoumiA44:20141011162948j:plainf:id:NoumiA44:20141011163429j:plain

3rd FloorではHATSUNE MIKU Projectの5年間の年表、販促物などのグッズのほか、ゲームモデルの成り立ちがわかる解説や、動画で見られるモジュールの数々や多数のイラストなどなど、多くの展示物がありました。

f:id:NoumiA44:20141011163403j:plain

ステージには初代等身大ミクさんも

いろいろ観ていると開始30分前になったので、再びメインステージへ

16:00と同じようにイベント説明があったあと18:00の回が開始。

18:00『Project DIVA presents MATSURI DA DIVA』

1.glow

2.Last Night, Good Night

3.Tell Your World

MATSURIをやってくれるって良いですよね。

ライブが終わるとミクダヨーさんが登場

f:id:NoumiA44:20141011163532j:plain

ミクダヨーさんと記念撮影ができたので一緒に撮ってもらいました。

 

次は21時、3時間…

ちょうどお腹も減ったので、一旦ジョイポリを出て近くで夕食

適当に夕食を済ませ、ジョイポリに戻り、2nd FloorのD-LOUNGEでジュースを買い、最後の21:00まで待機

f:id:NoumiA44:20141011163854j:plain

そして21:00

21:00『シークレットライブ』

1.ハジメテノオト

シークレットがハジメテノオトとは…予想外でした。

いやー、ミクさんを目の前でみることができて感激です。800円で7曲聴けて、目の前でミクさんを見ることができるのは安いですね。また、このようなイベントがあると良いですね!

 

さて、全部観たので帰ろうと、自転車に乗るとリアタイヤに違和感が…ホイルカバーをみてみると…

oh…ついにもげてしまいました…譲り受けた物なので、来た時から中心等に少しヒビなどが入っていましたが、まさかココがもげるとは…

道具もないし、外してもどうやって運ぶのか…なので、付けたまま帰宅。スピードも出せないので帰るのにかなり時間がかかりました…

次の日、新しいのを作ることを決意し、デザインは決まってませんが、とりあえずホイルカバーを注文しました。

二代目の作製は痛チャリ製作記 - 痛チャリ放浪記 

 

2014-10-10