読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痛チャリ放浪記

痛いチャリの作製記や放浪記など

城プロ始めました。

日常

この度DMMの御城プロジェクトがサービス開始されましたので、事前登録もしていたので早速入城(?)

初期はなんとなく陸奥国の根城を選びました、近江国の城で編成したい所ですが、水口城しか出てきてないのでとりあえず今は適当にやってます。

滋賀には彦根城の他に、信長の安土城、秀吉の長浜城、三成の佐和山城、明智の坂本城膳所城、瀬田城、大津城等々たくさんありますね。

どれだけの城が城プロに出るかわかりませんが、まあ国宝彦根城が出ないわけないでしょう。

いつ来てくれるのかなー

ちなみに今のお気に入りは防己尾城です。

防己尾城ちゃんかわいいよ防己尾城ちゃん

 

そういや、城娘って城が擬人化された巨大少女のことで、殿を守り敵と戦い、普段は「御嬢」と呼ばれる普通の女の子で生活してるらしいですね。

なるほど、だから天守部屋の左下のボタンを押すと外に出て変身するんですね。

 

さて、実物の彦根城の話ですが、偶然にもこの土日に実家に戻っておりまして、二日だけなのでミククロス…略してミクロス(今思い付いた。)は置いてきぼりです。

長期の休みにはミクロスで実家に帰って、そのまま久しぶりに豊郷に行きたいですねー・・・
ミクロスが滋賀に行くのはいつになることか・・・
 
ブログも書くことないですし、ちょっくら彦根城の紹介を
 
【歴史】 
徳川四天王の一人・井伊直政関ヶ原の戦いの後、近江国北東部に封ぜられ、石田三成の居城であった佐和山城に入城したが、直政は三成の居城であったことを嫌い、湖岸に近い所に居城を移すことを計画していました。しかし、関ヶ原の戦いでの戦傷が癒えず1602年に死去しました。
直政死後、家督は幼少の直継が継ぎ、家老の木俣守勝が徳川家康と相談して直政の遺志を継ぎ、1603年琵琶湖に浮かぶ彦根山に彦根城の築城を開始しました。

彦根城の建築物は、縁起担ぎの他、コスト削減と工期短縮のために大津城から天守を始め、佐和山城から佐和口多門櫓(非現存)と太鼓櫓門、長浜城から天秤櫓、小谷城から西ノ丸三重櫓、などの移築伝承が多くあります。 

天守は大津城の4重5階を3重に縮小したといわれており、通し柱を用いず、各階ごとに積み上げられ、3層3階地下1階の複合式望楼型で「牛蒡積み」といわれる石垣で支えられています。


1606年に天守完成と同じ頃に直継が入城しました。そして、1616年に御殿が建造され、1622年にすべての工事が完了し、彦根城が完成しました。
その後、井伊家は加増を重ね、1633年には徳川幕府下の譜代大名の中では最高となる35万石を得るに至りました。

彦根城は戦いのための城でしたが、徳川統治下の太平の世においては、城はすでに軍事施設としての役目を終えて、その存在理由が、権勢の象徴物へと変じ、江戸幕府の西国への重要な備えとしての役割を担う彦根城も、彦根藩の各組織の管轄で天守以下倉庫等として江戸時代の大半を過ごしました。
 
明治に入り各地の城が廃城令で破壊・売却されていく中、彦根城もその対象でした。
しかし、明治11年10月、明治天皇が巡幸で彦根を通過した際に大隈重信彦根城に一目惚れし城の破却中止を天皇に奉上し、明治天皇が保存を命じたため天守の破却は逃れたといわれています。
これには大隈重信ではなく天皇の従妹が奉上したという説もあります。

そして、その時の姿のまま現在に至ります。

f:id:NoumiA44:20141116035647j:plain
 
【入場料】
彦根城のみ
一般:600円
小中学生:200円
一般:1000円
小中学生:350円
 
基本は
10:30〜11:00 彦根城天守
13:30〜14:00 彦根城天守
15:00〜15:30 彦根城博物館
  
【アクセス】
鉄道:JR・近江鉄道 彦根駅から徒歩で約15分
車:名神高速道路 彦根ICから車で約5分
 
彦根市内の渋滞ポイント】
1:彦根ICを出て国道306号線を彦根市内方面へ向かった所から国道8号線と交差する外町交差点まで
ここは交通量が多いため、スムーズに流れないのが原因です。
 
2:たねや・クラブハリエ前の立花町西交差点
ここは昔、右折専用レーンがあったのですが、歩道を広げたためか専用レーンが無くなり、さらに車道が狭くなったので、右折車を避けて直進するスペースがなくなったのが渋滞の原因です。
 
3:県道2号線と県道517号線が交差している、松原橋交差点
ここも交通量が多いのが原因です。
 
 f:id:NoumiA44:20141117000916j:plain
 
【駐車場】
(駐車場名:城内外・目印となる建物等・営業時間・料金)
桜場駐車場:城内・玄宮園・8:00~18:00・乗用車一日400円
二の丸駐車場:城内・彦根城博物館・8:00~18:00・乗用車一日400円
大手前駐車場:城内・大津地方裁判所彦根支部・8:00~18:00・乗用車一日400円
京橋口駐車場:城外・京橋・24時間・乗用車2時間まで200円その後1時間ごとに100円追加
本町駐車場:城外・彦根警察署本町交番・8:00~18:00・乗用車一日400円
 ※桜場と二の丸は砂利又は砂の駐車場
 ※外堀から中が城内
 
【駐輪場】
彦根駅前第1・第2自転車駐輪場:城外・彦根駅・6:00〜22:00・自転車一日170円
 
【その他】
その他や詳しいことは、公式サイトへ
以上
 
わずか一泊二日でしたが、良い息抜きができました、実家はいいですねー、向こうに戻りたくねー。